"/>

懸念点を考える

よくグレーと言われるクレジットカード現金化ですが、本当のところは違法性があるのでは?という疑問を抱く方もいると思いますので洗いざらいすべてここで明白にしていきたいと思います。まず、基本的なことなんですが、クレジットカード現金化には商品買取方式とキャッシュバック方式が存在します。両者の違いとしては、現金化に必要な商品をどこで購入して行うのかということです。商品買取方式の場合は指定されたネット通販で指定された商品を購入し、それを業者に渡してお金を振り込んでもらうという方法になり、キャッシュバック方式の場合は業者から商品を購入して、そこから一部の金額をキャッシュバックしてもらうという方法になります。どちらも結果的にはまったく変わらないんですが、前者の場合は貸金業法に違反すると見られる場合があります。その理由は、お金の貸付に見えてしまうからです。しかし後者のキャッシュバック方式であればただのポイント還元とほとんど同じなのでまったくの違法性がないことがわかります。つまりもしあなたが違法性を気にしてしまうのであれば、クレジットカード現金化を行う際には必ずキャッシュバック方式を採用している現金化業者をチョイスすることが必要になります。もっと言えば商品買取方式で現金化を行うようにすると、場合によってはクレジットカード停止の恐れもありますので、あらゆる面を考えた上でキャッシュバック方式を取っている現金化業者が良いと断言します。もし前者を利用する場合はクレジットカード会社に疑われないように無難な商品を購入してください。